<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

卵焼き

一匹の猫がいなくなってしまい一週間。
まだ信じられないという気持ちの残る日々を送っています。

昨夜は
両親、兄夫婦とともに、近所のお寿司屋さんに行きました。
実を言うとそのお店、
両親が先週初めて行って、
帰ってきたら例の猫が亡くなっていたという
忘れがたいお寿司屋さんでもあります・・・。

d0044654_22531047.jpg
←長いお皿にのった熱々の厚焼き玉子。
だしがきいていて、甘めの味つけです。

こちらのお寿司屋さんは
30代の若い職人さんが最近開店したばかりなのですが、
お寿司も日本酒の品揃えも一品料理も
とても優れたお店だと思いました。
(そんな偉そうなこと言ってごめんなさい。)


ただ結構繁盛していて、
お座敷に座っていた我々はなかなか注文が来ず・・・。
でもまあ、これだけおいしくて
しかも値段がリーズナブルなら申し分ないと皆機嫌よく店を後にし、
しばらく歩いていると後ろから雪駄の駆ける音が・・・。

「今日はお待たせして申し訳ございませんでした」
と、なんと店主(職人さん)が袋を持って立ってらっしゃるではありませんか。
「出来立ての卵焼きなので、明日の朝食にどうぞ」

うわ~!感激!!

丁寧な仕事をする人に出会えて、
とても嬉しくなりました。

思い出の店、必ずまた行きます。
[PR]
by moftn73 | 2006-05-29 23:40 | こころ

宮津の旅~輪廻転生か・・・

田植え体験をした後は、
宮津の居酒屋さんにて皆で地魚と地酒を楽しみました。
もちろんチェイサーは飯尾醸造さんの紅芋酢の水割りです!

楽しくほろ酔い、
初めて送迎タクシーに乗ってホテルに戻る途中、メールを受信。
悲しいことに飼い猫のてんちゃんが亡くなったとの連絡を受けました・・・。

猫が病気とわかりながら、旅に出てしまった自分を責める気持ちもあり、
でもいつその時がくるのかはわからないのだから、と慰める気持ちもあり。

複雑な心境で翌朝を迎えました。
泣いてばかりいられません。

d0044654_23245863.jpg
山に上り、
世屋の里山、
日本海を望み、


d0044654_2328257.jpg
田んぼの中にいる蛙、おたまじゃくし、ヒル、タニシ、
もっともっともっと小さい生物を見つめ、


d0044654_23301060.jpg
木々や草花を眺めて・・・、
きっと物理的にも精神的にも
生死がぐるぐるまわって、この世界が成り立っているんだと思うようになりました。



d0044654_23372560.jpg
お昼ごはんはペンション自給自足で。
自然の恵みをおなかいーっぱいいただきました。
だってこのお弁当に
そばの揚げだし、山菜のてんぷら、手打ちそば、
特別サービスにポテトサラダと青汁が付いたんですよ。
大阪出身の奥さんがとってもおもしろかった!!


今回の旅でも
色々な方々と出会うことができました。
飯尾醸造の皆さんをはじめ、
五代目見習い彰浩さんの高校時代同級生のお2人、大学時代の後輩の方、天橋立ワイナリーのおじさん、自給自足のご夫婦等など・・・、
本当にありがとうございました。

なぜか様々な経歴を持つ人たちと出会うことが多く、
人生を変えるのは自分なのだと、
またそれぞれがあっていいのだと、
思った旅でした。

そして愛猫が美しい世界で
また生きて欲しいと願います。
[PR]
by moftn73 | 2006-05-23 00:11 |

宮津の旅~田植え体験

初めて田植えを体験しました。
場所は京都府宮津市世屋(せや)地区。
丹後半島の一角になります。

d0044654_21575656.jpg
世屋は棚田やササ葺き集落、里山ブナ林があり、
里山ネットワーク世屋というNPO団体をはじめ、
世屋の里山を愛する人たちによって守られている地区でもあります。


日ごろ我が家で愛用しているお酢屋さん、飯尾醸造さんは
この地で無農薬栽培のお米を作り、お酢の原料の一部としています。

そんなわけで、
今回は我が家から兄、義姉、私の三人が田植えに参加することにしました!

d0044654_22181436.jpg
こちらは私達が植えた田んぼ。
黒いシートは再生紙です。
土の上に紙を敷き田植えをする、再生紙マルチ農法を採用しています。農薬を使わず除草するのに適した農法なのだそうですよ。


長くて足にフィットする長靴を履き、ずぶずぶ~っと田んぼの中に入ると、
その感触たるや、んー気持ち良いっ。
「まるで気分はどろんここぶた♪」
でも一歩踏み出そうとすると、
足が泥から抜けないっ!重いっ!

こんな状態で田植えなんてできるのかと一瞬頭に不安がよぎりましたが、
親切なコーチ・飯尾醸造の今井さんと秋山さんの指導と、
一緒にチームを組んだ東農大醸造卒のかわいいHさんのアドバイスで、
どうにかこうにか私も田植えをすることができました。

その様子は・・・
私は泥だらけで写真が撮れず。
なので↓こちらを是非ご覧ください。
酢を造るといふ仕事
とものひとりごと
見所は
軽トラの荷台で運ばれる私~ドナドナ~♪
[PR]
by moftn73 | 2006-05-22 23:07 |

チャングム

先日、日本橋三越で開催されていた
「チャングムの誓い展」を見に行きました。

実は今チャングムの誓い
にはまっています。

きっかけは薬膳講座の先生です。
「漢方の勉強になりますよ」と薦められ、
でも韓流でしょ~なんて思って見たら、これが最後。
週一のお楽しみになってしまいました♪

d0044654_20243455.jpg
チャングム展を見終わった後は、
もちろん韓国料理でしょ。
というわけで、
三越のご近所、コレドにある妻家房に行きました。
写真は牛肉、卵焼き、パプリカ、かいわれを薄くスライスした大根で巻き、
甘酢のような味のたれを付けていただくものです。



この料理のように、
韓国の宮廷料理って五色五味が備わっていて、
見た目がとても美しいんですよね。

どこかおいしい韓国料理屋さんをご存知の方、
教えてください!
[PR]
by moftn73 | 2006-05-16 20:44 | 食べ物

鮭の皮

私が仕事を休んだ日、
鮭を焼いたメニューを出したところ、
皮が生っぽく見えるという指摘を保育士、看護師から受けたそうで、
「今後は鮭を焼いた場合、皮は剥がすこと」
と決定されました。

そして、
今日の給食は「鮭のマヨネーズコーン焼」。
もちろん皮は全部剥がしました。
私が今日は鮭を焼く担当でしたが、
皮もパリッと焼いたから剥がしやすかったわよ!!
へんだっ!!

じっくりオーブンで焼くという作業が向かない人っているのよね。
そういう人がパイやケーキを焼くと最悪です。
何度も扉を開け閉めしてしまうので生地が膨らまず生焼けに・・・。

保育士さんもそんな決定して、本当にいいと思っているのかな?
「今日は皮を取っていただきありがとうございました」と言われたけど、
切なかったです。
[PR]
by moftn73 | 2006-05-16 19:14 | 保育園

訂正しました

台湾旅のブログで間違いのご指摘をいただきまして、
2箇所修正しました。

1.カキのオムレツはさつま芋の粉が入っているそうで、米粉ではありません。
2.練乳はスペアリブではなくその付け合せの揚げパンに付けると美味しいそうです。

皆さんごめんなさい・・・。
[PR]
by moftn73 | 2006-05-14 17:26 |

村上からの春便り

新潟・村上市の小さな酒屋、
酒のきっかわさんから
素敵な宅急便が届きました。

d0044654_2153723.jpg
左上から時計回りに、
こしあぶらのおひたし、
かくま、
うるい、
こしあぶら(生)、
たらの芽
です。


d0044654_21562729.jpg
そして筍!

春ですね~。



先日お店に伺ったときに山菜の話で盛り上がり、
「良いのが取れたら送りますね」
と奥様がおっしゃっていたのですが、
まさか本当に送ってくださるとは!
ありがとうございます!

きっかわさん一家は
食べ物好き、お酒好き、息子さんがT美大学出身と、
なんだかうちと似ていて親近感が沸いてしまいます。
[PR]
by moftn73 | 2006-05-08 22:09 | 食べ物

台湾・総集編

台湾に行って感じたことを色々と。

1.台湾人は日本人と見た目が似ている。
数年前に韓国へ行ったとき、
「韓国人は日本人より体格ががっしりしている」と思ったのですが、
今回はそういう感じがしませんでした。
割と華奢な人が多いように思いました。


2.台湾の交通ルールは複雑。
下り4車線、上り4車線、計8車線並んでいると思いきや、
最も左と最も右が同じ方面に向かう車線、ということがありました。
原付バイクが多すぎて、縦横無尽。
人も車も信号無視は当たり前でしたね。
路上駐車も普通にしていました。

大気汚染が結構進んでいて、カラフルなマスクをしてバイクに乗る人が多いです。


3.台湾人は甘いものが好き?
とにかく味付けの甘いものが好まれるようです。
コンビニのウーロン茶は砂糖入りでした。
屋台の食べ物も甘口が多かったです。
でも逆に辛いものはすごく辛かったから、
味付けがはっきりしているのかな~。
年間気温が高いから保存の意味もある?


4.台湾人は日本の有名人をよく知っている。
日本企業がたくさん進出していて、
台湾と日本で同じCMを流している会社も多かったです。
アネッサは山田優ちゃん、SKⅡは小雪さんで、まったく日本と一緒でした。
テレビ番組もNHK朝の連ドラ、ポケモン、どっちの料理ショーなど、
色々とやっています。
そのせいもあるのか、簡単な日本語を知っている人が多く助かりました。


5.台北駅は名古屋駅に似ている。
地下鉄の階段の上り下りが結構大変なところがそっくり。

そういや台北は名古屋のように道が広かったし、
名古屋では台湾ラーメンが流行っているらしい。
台湾も名古屋も朝ごはんは外で食べるでしょ。
それに名古屋人も甘い味が好きだよね・・・なんだ?


6.地方は野良犬が多い。
日本ではいつの間にかほとんど見なくなった野良犬。
台湾郊外ではたくさんいました。
今は恋の季節ということで、少々怖い光景もあり・・・。


7.お色気ガム屋がある。
大きな道沿いに超ミニスカートの女性が店番をしている店がたくさんあります。
もしや売春???と思いましたが、
そうではなく長距離ドライバー用の少々麻薬系ガムを売る店だそうです。
普通のチューインガムが発売されるようになってから売れなくなり、
そこで、お色気ねーさんに店番をさせるようになったらしいです。


8.この旅のメンバーは気楽だ。
変な踊りや動き、意味不明な掛け声がオープンにできるって幸せです・・・。
8人みんな良い人だし、かしこいし、私は嬉しいよ。
謝謝!!
[PR]
by moftn73 | 2006-05-06 22:16 |

台湾・最終日

d0044654_19171440.jpg
とにかく食べてばっかりの台湾の旅も最終日。

朝はホテルの側の屋台でお粥を買いました。
あっさり・・・と思いきや、結構味が濃い。
里芋も入っていて、意外に食べ応えがあります。

味の薄いすっきりとした日本食がやや恋しくなりました。

*****
台北の空港から成田までたった4時間。
あっという間に日本に着き、現実に引き戻されました・・・。

やっぱりもう少し台北にいても良いかな、なんて思ったりして。
[PR]
by moftn73 | 2006-05-06 19:26 |

台湾・三日目はドライブ

d0044654_186281.jpg
三日目は
台北出身J氏とその友人H氏が車を二台出してくれて、
遠出をすることができました。

朝ごはんは豆乳や油條、肉まん、小龍包など・・・。
我ら食べすぎです。



d0044654_18151955.jpg
台北から車で一時間半くらい、
山の上の九份という街に行きました。
眼下には海が広がる素敵な所です。
この街は伊香保のような階段や小道がたくさんあり、
その脇には小さな雑貨屋さんやお茶屋さんが並んでいます。
→こちらは九份名物、芋圓です。
さつま芋やらタロイモなどで作ったつるんとしたお団子。
緑豆や小豆の汁で食べます。

d0044654_18331761.jpg
おしゃれな茶芸館、九份茶房でお茶を楽しみました。



d0044654_18382553.jpg
かわいい店員さん(ピンク色のシャツの娘)がおいしいお茶を入れてくれました♪
時間の流れがゆっくりで、素敵なひとときでしたよ。
あ~この店ごと日本に持って帰りたい!


d0044654_18424325.jpg
九份を出発し、淡水という街へ。
その途中、金山に流れる茶色の川で結婚写真を撮るカップルを発見しました。
台湾人は記念写真が好きなのだそうです。


d0044654_18472136.jpg
淡水は港町で、名物は魚団子と鉄蛋。
左の黒い物体が鉄蛋で、鶏卵を醤油スープで煮込んだもののようです。
ゴムのような弾力ですが、味は意外に普通です。


d0044654_18563488.jpg
淡水で足つぼマッサージにチャレンジし旅の疲れをとった後、今回の旅最後の晩餐、
←なんとJ氏とH氏が高級中華レストランに連れて行ってくれました。
屋台の食事以外のものを食べたのが久しぶり・・・。
庭園の滝がとても幻想的でした。

その後、台北に戻って夜景スポットにも連れて行ってくれ、
J氏とH氏にはとにかくお世話になりっぱなし。
朝から晩まで車を運転してもらった上、
我らの変な日本語と英語でなんとか会話してもらい、とても疲れただろうな・・・。

親切な台湾人の皆さんに大感謝の一日でした。
[PR]
by moftn73 | 2006-05-06 19:14 |